あなたの肌タイプは?-ニキビケアの前に知っておこう!

目安時間:約 11分

ニキビを治す上で、まず最初に知らなければいけないことがあります。

 

それは、自分自身の肌タイプを知ること!!

 

スキンケア商品であったり、食べものであったり

 

自分の肌タイプがわからない状態では、何を使ってケアを始めていいのかわかりません。

 

自分の肌は乾燥しがちな粉吹き肌なのに、皮脂を抑える食べものを食べて、乾燥がもっと悪化するようになりニキビができやすくなったり!

 

また、オイリー肌なのに油分を多く含むスキンケア商品を使って、アクネ菌達を逆に増やしてニキビを作ってしまったり!

 

な~んてことが過去にあったりした人もいたんじゃないんでしょうか?

 

 

肌タイプを知らないことで治りが遅くなったり、肌をさらに悪化させてしまう可能性があります。

 

という事で、

 

今回、この記事を読んで自分の肌をしっかりと熟知しましょう!

 

肌のタイプは、4つの種類に分けられる!

肌のタイプは4つの分類に分けられます。

 

  • ノーマル肌
  • 乾燥肌
  • 乾燥性脂性肌(混合肌とも言う)
  • オイリー肌

 

に分けられます。

 

それぞれの特徴を解説していきます。

 

 

ノーマル肌の特徴

ノーマル肌は、これと言った肌トラブルが少なく健康的な肌です。

 

ニキビができても比較的治しやすいほうです。羨ましい肌質ですね!

 

ただ!

 

そんな健康的なノーマル肌でも欠点はあります。

 

それは、肌の水分量になります。

 

年を重ねるごとに肌の水分は失われてくる為、保湿をしっかりとして健康な肌を維持するようにしましょう。

 

 

乾燥肌の特徴

皮脂が少なく、肌がカサカサしている状態。

 

酷い人だと白い粉を吹いている場合もあります。

 

健康的な肌の角層には20%~30%の水分が含まれていますが、乾燥肌は水分が20%以下になってる肌の状態になります。

 

冬場などの50%以下になると、角層の水分が急激に蒸発していき、肌が突っ張るなどの自覚症状が出てきた時には、すでに肌の角質は10%以下にまで落ちていることがあります。肌のバリア機能が低下している状態になります。

 

 

乾燥性脂性肌(混合肌とも言う)の特徴

多くの人はこちらの乾燥性脂性肌質になると思います。

 

  • 顔のTゾーンはやや脂っぽいが、その他の場所がやや乾燥している。
  • 顔のTゾーンはやや脂っぽいが、その他の場所がかなり乾燥している。

 

二つは、一見似ているように見えますが大きく違います。

 

やや乾燥している場合だと、オイリー肌に近い方になります。

 

かなり乾燥している場合だと、乾燥肌に近い方になります。

 

 

オイリー肌の特徴

ニキビが一番できやすい肌質で、思春期ニキビの特徴である顔全体が脂っぽくなるべた付いている状態になります。

 

皮脂の分泌があまりにも多いため常にテカテカしている状態です。

 

以上がそれぞれの特徴になります。

 

次にそれぞれの肌に対する気を付けるポイントを説明していきます。

 

 

4種類の肌の気を付けるポイント!

では、それぞれの肌の気を付けるポイントをお教えします。

 

ノーマル肌

まずノーマル肌は、健康的な肌で他の肌質に比べるとニキビはできにくい肌になります。

 

しかし、年を取るたびに肌の水分が失われる為、保湿をしっかりするケアをしてください。

 

ケアアイテムとして

 

化粧水 + 保湿美容液(セラミド配合)

 

化粧水を塗った上にセラミド配合の保湿美容液でふたをしてあげて水分を維持するようにしましょう。

 

乾燥肌を避ける事によってニキビができるのを防ぎます!

 

乾燥肌

次に、乾燥肌になります。

 

乾燥肌は、かなりの保湿対策が必要です。

 

しかしながら乾燥肌をお持ちの方で勘違いしてケアしている方がいます。

 

 

勘違いしがちなNGケアとして

 

  • 乾燥したらとにかく化粧水をたっぷり付ける
  • 化粧水をたっぷり含んだシートマスクでケア
  • 水分が肌に良く浸透するようにパッティングしまくる
  • ベタ付きが気になるから化粧水しか塗らない

 

これらを意外とやっている方がいますので気を付けるようにしましょう。

 

乾燥肌に取ってはセラミドが命になってきますので

 

ケアアイテムとしては、

 

化粧水 + 保湿美容液(セラミド配合) + 目元口元の乾燥が特に酷い場所のみクリーム

 

ノーマル肌のケアアイテムに+乾燥の酷い所にクリームを塗るといった形になります。

 

ニキビがある場所に油分が多く含まれた保湿クリームを塗ってしまうと逆効果になってしまいますので乾燥が特に酷い目元口元こめかみなどのみに保湿クリームを塗るようにしてください。

 

乾燥性脂性肌(混合肌とも言う)

乾燥性脂性肌には、2つのパターンがあると説明しました。

 

  • 顔のTゾーンはやや脂っぽいが、その他の場所がやや乾燥している。
  • 顔のTゾーンはやや脂っぽいが、その他の場所がかなり乾燥している。

 

前者がオイリー肌で後者が乾燥肌

 

こちらは大体の人が当てはまるという事もありケアの仕方で悩む方が多いと思いますがコツとしては肌の状態の足し引きになります。

 

大人ニキビの特徴としてアゴやフェイスライン部分に多くできます。

 

ニキビができる場所はオイリー気味になるのでニキビができる場所やできやすい場所にはビタミンC誘導体が配合されている化粧水を塗り、乾燥している場所には保湿美容液(セラミド配合)を塗るようにしましょう。

 

ケアアイテムとして

 

化粧水(ビタミンC誘導体) + 保湿美容液(セラミド配合)

 

この時に使う化粧品はノンコメドジェニック製品を使うことをオススメします

 

ノンコメドジェニック製品はニキビができにくい物で作られた製品になります。

 

後は食べ物にも気を付けるのがポイント!

 

皮脂の過剰分泌抑える為、脂っぽい食べ物を大量摂取することを避けて皮脂分泌を抑える食べ物を食べるようにしましょう。

 

『乾燥性脂性肌をお持ちの方には私が愛用しているルナメアACをオススメします!』

ルナメアACのレビュー記事はこちら

大人ニキビにおすすめ洗顔料ールナメアac

オイリー肌

ニキビがかなりできやすい肌質のオイリー肌は油分が控えめな化粧品を使うようにしてください。

 

使う化粧品はノンコメドジェニック製品とビタミンC誘導体が配合されている物を使いましょう。

 

ケアアイテムとしては、

 

化粧水(ビタミンC誘導体) + 保湿美容液(ヒアルロン酸など)

 

ベタ付くのを嫌がって化粧水のみにしたい気持ちはわかりますが、保湿を怠ってはいけません

 

油分が控えめなオイルフリーなどの物を使ってしっかりと保湿してください。

 

そしてオイリー肌には、洗顔も重要なポイントとなります。

 

固形石鹸であれば余分な物を含まないので肌にも優しく洗い上りもいいのでオススメです。

 

固形石鹸ではこちらの商品がオススメですので気になる方はチェックしてみてください。

商品名 Non.A(ノンエー)クチコミ
ニキビケア

 

 

まとめ

自分の肌質を知ることはできたでしょうか?肌質を知りそれに合ったケアの仕方をしていくことで大人ニキビが治るスピードは確実にあがります。大人ニキビに悩み、早く治したいと思う方は自分の肌質を知り、その上で自分に適したケアアイテムを使いながら上手く自分の肌と付き合いましょう!上手く付き合うことで毎日を楽しく生きていきましょう!

 

 

只今ブログランキングに参戦しております!

皆様の力が私の心の支えになりますので、ランキングボタンをポチっ!と押してもらえると助かります(´;ω;`)

スキンケアランキング




この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. say thanks to so considerably for your site it aids a great
    deal.

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
僕がニキビを治せたコスメ!
サイト管理人

初めまして、まるあきです!

私がニキビを治そうと思ったきっかけは、当時付き合っていた彼女と写真を撮った時に言われた一言が始まりでした。そこから私はニキビの事について調べて本格的に治すことを始めました。色々一つ一つ試して見ると効果が表れて今では周りの人からもホントに良くなったね!と言われるくらいまでになりました。
私の経験・学んだ知識が皆様の力になれば嬉しく思います!

詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
フェイスジェル

ページの先頭へ