肌が敏感な人はこの界面活性剤に気を付けろ!

目安時間:約 5分

はい!

 

ということで今回も界面活性剤シリーズについてお話していきたいと思います。

 

以前は界面活性剤についてサラッと説明させていただきました。

 

その記事をまだご覧になってない方、界面活性剤の事に興味がある方はこちらの方から→界面活性剤とは

 

前の記事では界面活性剤にも種類があり、その異なる種類によって刺激性が強い弱いがあると言っていましたが、その種類について話してはいませんでした。

 

ですので、今回は種類についてお話しようと思います。

 

界面活性剤の種類

界面活性剤の種類についてご紹介します。

 

天然物

 

石鹸系

 

脂肪酸エステル系

 

アミノ酸系

 

高級アルコール系

 

石油系

 

上記の6種類が界面活性剤種類になるのですが、これを原料別で見ると天然由来と石油由来に分かれます。

 

天然由来は、天然物・石鹸系・脂肪酸エステル系・アミノ酸系

 

石油系は、高級アルコール系・石油系に分かれます。

 

ここから天然界面活性剤と合成界面活性剤に分けると、天然物が天然界面活性剤で、その他5種類は合成界面活性剤という分類に入ります。

 

天然界面活性剤の方がお肌には負担が掛からない物で、合成界面活性剤が負担を掛ける物になるんですが、ここだけで判断してしまうと、もちろん合成界面活性剤の方が悪く捉えられてしまいます。

 

しかし、これからさらに細かく分けて行くと、石油系の合成界面活性剤が良くない成分ということが言えます。

 

石油系合成

石油系と言っても多くの種類があります。

 

石油系は刺激性が少し強いという難点があるんですが、複数の成分をまとめるのに適している効果もあります。

 

敏感肌寄りの方は肌への負担になってしまう事が多いのでできる限り避けたい成分ではあるのですが、多くのコスメ製品の成分表記には石油系配合とは書いてありません。

 

これまた避けたい側としてはとてもやっかいで、成分をある程度覚えなくてはなりません。

 

因みに主な石油成分一覧

 

・ラウリル硫酸Na

 

・ラウレス硫酸Na

 

・ラウリル硫酸アンモニウム

 

・ラウレス硫酸アンモニウム

 

・ラウリルスルホン酸Na

 

・キツレンスルホン酸Na

 

・パレス-3硫酸Na

 

・パレス-3硫酸アンモニウム

 

これらの成分が石油系の物になるのですが、まず、覚えるの難しいですよねw

 

まず聞きなれない言葉ですからね!

 

とりあえず、硫酸・アンモニウム・Na(ナトリウム)といった言葉を覚えれば大丈夫です。

 

肌に影響が強すぎる物質は配合されていない!

市販販売されている物には肌に悪影響を及ぼす物は配合されていないので安心してください。

 

まず、そんな影響を及ぼす物を配合して商品を販売しようと思うメーカーさんとかはいませんからw

 

今の世の中はでは、僕みたいに物質の事について詳しく調べる人が多くなって来ていますので、メーカーさんも成分表に悪い物質を書いてまで物の販売は流石にしないと思います。

 

ただ肌に合う合わないは、成分表を見て判断するのがとても大切です。

 

成分表は説明書みたいな物でこの商品にはこんな効果があり、こんな影響を及ぼす可能性があるんですよ!と教えてくれている物ですので、これから自分が気になったコスメ商品は、一度は成分表を見る事をオススメします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
僕がニキビを治せたコスメ!
サイト管理人

初めまして、まるあきです!

私がニキビを治そうと思ったきっかけは、当時付き合っていた彼女と写真を撮った時に言われた一言が始まりでした。そこから私はニキビの事について調べて本格的に治すことを始めました。色々一つ一つ試して見ると効果が表れて今では周りの人からもホントに良くなったね!と言われるくらいまでになりました。
私の経験・学んだ知識が皆様の力になれば嬉しく思います!

詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
フェイスジェル

ページの先頭へ