赤みが残るニキビ跡のケアの仕方

目安時間:約 10分

それでは、ニキビ跡のケアの仕方を書いていきたいと思います!

 

以前の記事でニキビ跡の種類について書かせていただきました。

 

 

ニキビ跡の種類は3種類

 

「赤みが残るタイプ」

 

「シミが残る色素沈着タイプ」

 

「凸凹に肌が陥没するクレータータイプ」

 

これらのタイプがあるということを説明させていただきました。

 

ニキビ跡はタイプによってケアの仕方が違いますので、まずはご自身のニキビ跡タイプを知ることが大切というか、最初の一歩ですので以前の記事にまずは目を通してもらえたらと思います。

 

もちろんニキビ跡をすでに知っていたりする方や前回の記事を見ました!と言う方はこのまま読んで頂けたらと思います。

 

「え?そんな記事見てないけど!」という方の為にこちらの方にリンク先を貼って置きます↓

 

ニキビ跡の種類について

 

 

 

で、今回は赤みが残るタイプのニキビ跡のケアについて書きます。

 

赤みが残るタイプはニキビ跡の初期段階!

ニキビ跡を治す為には、赤みのあるタイプのニキビ跡をしっかりとケアしてあげなければなりません。

 

このタイプはニキビ跡の初期段階とも言われています。

 

この段階で次の段階の色素沈着タイプ、いわゆるシミになるかが決まってきます。

 

シミタイプまで行ってしまうと赤みよりは見た目はマシに見えます。

 

というか赤みが引いて、赤みが酷い状態よりも良くなったように見えてしまい、やっと治って来て安心する方も多いと思います。

 

「とにかくニキビが収まって欲しい!」「だったり赤みが引いてマシになるだけで充分!」と思う方も少なくないと思いますが、人間というのは欲が出て来る生き物です。

 

 

ニキビが落ち着き、ニキビ跡が引いて来ると今度は肌がもっと綺麗に見られたいと思って来るようになります。

 

シミタイプまで進行してしまうと赤みを治すよりも頑固になってきます。

 

シミタイプは目立たせなくできたり、消すことも可能ですが、それなりにお金が掛かってしまったり時間が掛かってきたりします。

 

 

なので、初期段階である赤みをしっかりと治してあげることがかなり大切になってきます。

 

 

男性で「肌が綺麗に見られたい!」と思うと、思わず「女子かよ!」と知人や自分自身にツッコミを入れたくなりますがこれはケアしていく過程で誰しもが思うことだと思います。

 

やはり綺麗な肌をしていた方が清潔感がありますし、女性からも好印象を持たれますので男だからってなめんなよ!くらいの勢いでケアをしっかりしていきましょう!

 

 

赤みのケアの仕方

赤みが残ってるタイプは見た目では肌がかなり悪化しているように見えますが、実はそうでもないんです。

 

この赤みというのは簡単に説明すると、ニキビで炎症を起こした肌が一生懸命に治している証になります。

 

 

なので今現在で赤みに悩まれてる方!安心してください!

 

 

その赤みというのは傷を治そうと肌内部の毛細血管たちが集まっているのが皮膚を通して見えているだけです。

 

この毛細血管たちをサポートしてあげることにより赤みをより早く消すことができます。

 

で、そのサポート内容は

 

 

 

ターンオーバーを正常にしてあげることです。

 

 

このターンオーバーとは、肌の生まれ変わる過程です。

 

 

 

ターンオーバーが乱れていると、ニキビ跡を消すことが難航してしまうことはもちろん、ニキビができやすくなってしまいます。

 

この肌の生まれ変わる新陳代謝能力を上げる方法は、「規則正しい生活」になります。

 

とにかく寝ること!夜更かしはやめましょう!

 

寝る時間は22:00~2:00の間には寝るようにしてください。

 

最低でも6時間半は睡眠を取るようにしましょう。

 

 

後は、ビタミンC誘導を肌に取り入れると、ターンオーバーを正常にしてあげることができます。

 

ビタミンC誘導体について詳しく説明させていただいた記事のリンクを貼って置きますので詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで見てください。

 

ビタミンC誘導体で大人ニキビができにくい肌を作る!

 

 

「別に読まなくていいからビタミンC誘導体の成分だけ教えて!」

 

という方は、このまま読んで頂いて構いません。

 

私がオススメする成分はこちらになります。

 

  • リン酸アスコルビンMgマグネシウム

 

  • リン酸アスコルビンナトリウム

 

  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸

 

上の二つのリン酸と最初に付くのがいわゆる「リン酸型」と呼ばれているものです。

 

リン酸型はクリームや化粧水に配合されているのがオススメです。

 

 

アスコルビン酸は「APPS(アプレシエ)」と呼ばれるビタミンC誘導体の中でもトップクラスの効果を持つビタミンC誘導体です。

 

しかしながらこちらのAPPSはトップクラスを誇るが為に、値段の方が少し高くなってしまうのが難点です。

 

ですが、効果はやはり他の物に比べると断然違います。

 

高くても俺は早く治したいんだ!と思う方はAPPSを使うようにしましょう。

 

※これは当サイトではよく言ってることになりますが、いくら評価が高い化粧品を使ったからと言って必ず治りが良い訳ではありません。安くても高いものより効果が感じる物もあります。結局は自分の肌に合う物が一番の化粧品だと思ってください。

 

 

まとめ

赤みが残るタイプのニキビ跡はニキビ跡の初期段階になるので、ここのケアを怠ってはなりません。

 

初期段階で治すことができればお肌に何の影響もなく綺麗に治せます。

 

この段階でケアできなかったらもう終わりということではありませんので勘違いはしないように!

 

 

シミになる前に手を打つことが大切なんです!

 

 

しかし、これは自分との闘いにはなります。

 

早く治したい気持ちが強すぎるあまりに焦るのは禁物です。

 

気持ちはわかりますが、ことわざにもある通り「急がば回れ」です。

 

焦るがあまり、いろんなものをあれやこれやでたくさん試したところで直ぐに結果が出る訳ではありません。

 

お腹ブヨブヨの人が一週間、腹筋を毎日したところで一周間後に腹筋ができあがってるかと言ったら無理ですよね?w

 

しかし、正しいやり方やトレーニング法に合ったプロテインや食べ物を食べることによって、半年後にはブヨブヨのお腹が無くなり、腹筋のベースはできあがってる可能性はかなりありえます。

 

ニキビ跡のケアも同じで正しいやり方や効果のある成分の物を使用すれば、直ぐに効果は出ませんが必ず治りますので、正しいケアの方法をしっかりと実行するようにしましょう!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
僕がニキビを治せたコスメ!
サイト管理人

初めまして、まるあきです!

私がニキビを治そうと思ったきっかけは、当時付き合っていた彼女と写真を撮った時に言われた一言が始まりでした。そこから私はニキビの事について調べて本格的に治すことを始めました。色々一つ一つ試して見ると効果が表れて今では周りの人からもホントに良くなったね!と言われるくらいまでになりました。
私の経験・学んだ知識が皆様の力になれば嬉しく思います!

詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
フェイスジェル

ページの先頭へ