サイト管理人プロフィール

目安時間:約 4分

私の顔にニキビが出始めたのは小学校6年生の終わり頃からでした。

 

中学生2年生の頃から今まで差ほど気にしていなかったニキビが気になるようになり始めたのですが、その時には自分が思っているよりも周りからはかなり酷い状態だと見られていました。

 

そこから私はニキビを隠すように髪の毛を伸ばし始め、マスクをするようになりました。

 

そんな私を見た両親が可哀そうだと思ったらしく、ネット通販でも有名だったニキビケア商品を買ってくれたのですが、使い始めた当初は効果があったものの、次第にあまり効果が表れる事が無くなっていき、むしろ増えて行く一方でした。

 

しかし、私は使うのを辞めたらもっと増えるのではないかという恐怖でやめる事ができなく、そのまま中学生にとっては少し高額に感じるニキビケア商品を使い続けました。

 

ニキビ痕が残るものの高校2生の終わり頃から収まり始め、やっとニキビ人生とも終わりだ!と気持ちが楽になりました。

両親からもニキビが若い時に出始めたら大人になったら落ち着くよ!と言われていたのでこれからやっとケアも楽になるー!やっと高いケア商品を買わなくても大丈夫になる!と私は舞い上がっていました。

 

そこから社会人になり仕事をしているとなぜかまたもニキビが出始めてきて、なんでだー!親はもうでないって言ってたぞ!と私は混乱しました。しかし、その時の私は無知で以前使ってたケア商品をまた使い始めたら直ぐ無くなるだろうと思い以前使用していた物をまた使い始めました。ニキビは減る事がなく中学時代と同じレベルまで戻ってしまいました。

 

それもそのハズ。あの時は大人ニキビと思春期ニキビの違いを全く把握していませんでした。

 

その当時付き合っていた彼女と一緒に写真を撮った時の事。

彼女が、撮った写真をアプリで加工していた時に「ニキビが無くなったらそこそこまともな顔になるかもね!」と衝撃な一言を放ちました。

 

小学生からニキビと共に過ごしていた私はニキビが顔にある事にあまり違和感が感じられなくなっていたのですが、周りのみんなの顔にはニキビなんてものはとっくに無くなっていました。むしろニキビが一個できるだけでショックを受けている女子を見ていると自分は良く平気な顔をして歩いていたなと恥ずかしくなりました。そこから私はニキビ完全撲滅へと意を決心したのです!

 

その当時の彼女とは別れましたが、ニキビが無くなり私は自分に自信を持つことができるようになりました。

しかし、クレーターがいくつかあるのでもっと早く色んな事を試して抑えることができたと思うと悲しくなります。

 

当サイトにお越しくださった方が私のようになる前に少しでも早く治せるように自分に合ったケア商品やケアの仕方が見つかれば大変嬉しく思います。

僕がニキビを治せたコスメ!
サイト管理人

初めまして、まるあきです!

私がニキビを治そうと思ったきっかけは、当時付き合っていた彼女と写真を撮った時に言われた一言が始まりでした。そこから私はニキビの事について調べて本格的に治すことを始めました。色々一つ一つ試して見ると効果が表れて今では周りの人からもホントに良くなったね!と言われるくらいまでになりました。
私の経験・学んだ知識が皆様の力になれば嬉しく思います!

詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー
最近の投稿
フェイスジェル

ページの先頭へ